息切れ・動悸も消え、心筋梗塞の恐怖も完全に消滅(55才・男性)

aozirurinngo

私はもともと血圧が高いうえに、若いころからトンカツや天ぷらなどの揚げ物が大好物でした。

酒はたしなむ程度ですが、コーヒーは欠かせず、一日五~六杯はザラ。それに毎日50本のヘビースモーカー。こんな悪条件が重なっているので、心筋梗塞という持病を40代からかかえたのも不思議ではありません。

最初の発作は厄年を越えた直後。夜中に突然、胸が締めつけられるような激痛を覚えました。ちょうど胸骨の裏側あたりなので、一瞬、胃ケイレンかと錯覚しました。家内が救急車を呼んで、そのまま八日間入院したのです。

二度目はそれから九年後。喫茶店で商談をしていたときに発作に襲われ、このときも救急車で最寄りの大学病院へ運ばれました。やはり、一週間ほど入院。

現在、食事量を減らし(以前の七割程度、つまり腹七分)、肉類、脂っこいものをできるだけ抑え、野菜、脂分の少ない白身の魚、穀類中心のメニューにしています。

しかし、一度とりついた持病はなかなか立ち去ってはくれず、四、五分ほどの軽い発作は今でも月に三度や四度はあり、まるで体内に爆弾をかかえている気分です。

といっても好物はなかなかやめられず、仕事の合い間にタバコは一日一五本程度、コーヒーも三、四杯。

ともあれ再発の恐怖から逃れるには、まず体質を改善しなければ。そんな気持ちで求めたのが青汁でした。

現代人が不足しがちな健康野菜がミックスされていて、これは効きそうだという予感が最初からありました。

飲みはじめたのは昨年夏からです。一日六包(朝と昼、夜に二包ずつ)、牛乳が好きなので、顆粒を濃いめに溶かすと、飲みやすいのもうれしいことです。

ビタミン類、各種のミネラルはむろんのこと、食物繊維、おまけに葉緑素までたっぷり入っていて血圧を下げ、コレステロールや血糖値もむりなく下がるとのことです。

その効果は、三カ月目の紅葉のころに劇的にあらわれました。これまでちょくちょくあった胸の軽い痛みが、いつのまにか潮が引いたように消えたのです。

年が明けた一月には、やはり時々は起こっていた脈の乱れがまったくなくなりました。それに、めまいや息切れ、動悸もすっかり消えて、一日をとても穏やかな気分で過ごしています。

青汁は今後も飲み続けます。私にとって今、最大の精神安定剤といえそうです。

効果・効能に個人差はあると思いますが、参考になさってください。

サプリ専門ライター