深刻な糖尿病の3大合併症

aozirurinngo

糖尿病の合併症のなかでも深刻なのが、糖尿病神経障害、糖尿病網膜症、糖尿病腎症の3大合併症です。

このうち比較的早い段階で現れるのが、糖尿病神経障害です。症状は発汗、胃腸の不調、立ちくらみ、インポテンツ、手足のしびれなど。

最悪の場合は足に壊疸を起こし、切断を迫られることもあります。

糖尿病網膜症は、ドロドロとした血液のせいで眼底の血管がつまったり破れたりする病気で、年間3,000人が糖尿病網膜症のために失明するといわれています。

糖尿病腎症は、腎臓の働きが落ち、人工的に血液の浄化を行う人工透析が必要になる病気です。人工透析が必要になる原因の1位が、この糖尿病腎症だとされています。

また、糖尿病の人が脳卒中になるリスクは、健康な人の2~3倍、心筋梗塞は2~4倍といわれています。こうした命に関わる病気を予防するためにも、血糖値のコントロールは欠かせないのです。

そこで、「食事や運動では血糖コントロールが難しい」と悩んでいる人におすすめしたいのが青汁です。青汁には血糖値を下げる効果があるからですね。

効果・効能に個人差はあると思いますが、参考になさってください。

最後に糖尿病の3大合併症をまとめるとこうなります。

・糖尿病網膜症:初めは自覚症状がない。中期になると目がかすむといった症状が現れ、末期には視力低下や飛蚊症が起こり、最悪の場合、失明に至る。

・糖尿病神経障害:初めは指先にしびれや痛みを感じる。ひどくなると手足の感覚が鈍くなり、けいれんを起こす。最悪の場合は、壊痘で患部を切断。

・糖尿病腎症:初めはむくみ、食欲不振、だるさなどの尿毒症状が現れる。進行すると人工透析や腎移植といった治療が必要になるケースもある。

サプリ専門ライター