狭心症が悪化した心筋梗塞の圧迫感がおさまった(38才・女性)

aozirurinngo

私の心筋梗塞は「狭心症の悪化したものだ」と、お医者さんに言われました。

それも、激しい運動や口論で興奮したときに発作が起こる症状だということです。

それで思い出すのが高校時代の校内マラソン大会のこと。

わずか10キロほどのコースでしたが、一五分ほど走ったところで胸が苦しくなり、転倒したまま起き上がれなくなり、担架で保健室に運ばれたのです。

そんなこともあって、成人してからもずっと激しい運動をしないなど気をつけていたのですが、30代になって前胸部に締めつけられるような圧迫感を覚えることがたびたびでした。

早足で歩いたり、緊迫した会議で激論のさなか、それにお酒を飲んでから風呂に入っているときに短時間の発作が起こりました。

じつは、従姉を数年前に心臓疾患で亡くしています。キャリアウーマンでバリバリ仕事をしていました。極度の過労とストレスが原因と言われ他人ごとではありません。

私もいま企業家として忙しく、不規則な毎日。家に帰ると疲れからすぐにベッドに倒れ込む生活だからです。

何か対策を立てなければ私の心臓も危ない、と感じていました。

そんなころ、仕事のパートナーにすすめられて飲みはじめたのが青汁だったのです。とりあえず、一日三包からスタートし、朝と昼、夜に分けて、白湯に溶かして飲みました。

青汁の原料も、いかにも効きそうですし、ケール、大麦若葉なども新鮮なイメージがありました。

毎日欠かさず飲み続けて三カ月ほどたった秋に、「これは効いてきた」と感じました。まず、不整脈が消え、胸の重苦しさ、圧迫感がはっきり薄らいできたのです。

クリスマスイブに仕事関係の知人たちとお酒を飲んでも強い動悸が起きませんでした。

また、今年はじめ、商用で香港へ行ったときも、老酒をかなり飲みましたが、まったく平気でした。

「心筋梗塞がおとなしく寝ている」と感じ、青汁の効能をあらためて確信したのです。

先月、ジョギングをやってみようと思い立ち、早朝の出勤前に三キロずつ走りはじめましたが、あんなに弱虫だった心臓がビクともしません。毎日が楽しいかぎりです。

---

効果・効能に個人差はあると思いますが、参考になさってください。

サプリ専門ライター

青汁比較ランキングはこちら
青汁比較口コミランキングはこちら