糖尿病に苦しんだEさん(65才・男性)

aozirurinngo

自分が糖尿病だと知ったのは7~8年前のこと。

ひどいめまいで病院に行ったのがきっかけでした。

そのときは中性脂肪とコレステロールの数値も高く、中性脂肪は一番ひどいときで1400mg/dlもありました。

ちなみに中性脂肪の正常値は150mg/dl未満といいますから、私の数値がいかに高いかがわかるでしょう。

診てくれた医師に「毎日、おいしいものを食べているせいですよ」とお叱りを受け、すぐに薬を飲むことになりました。

血糖値が高かったころは朝起きるのがつらいし、日中はだるくてたまりませんでした。

そばに置いてあるものを取ろうと手を伸ばすのさえ、億劫なほどです。

そんな私の様子を見かね、妻が探してきてくれたのが青汁です。

正直、「とりあえず3ヵ月」という気持ちで飲み始めました。

すると驚いたことに、体のしんどさやだるさが消えてしまったのです。

青汁を飲み始めて3ヵ月経ったころ、ちょうど正月を迎えました。

お餅とお雑煮を食べ、お酒も楽しむため、正月明けの2月に受ける検査ではいつも血糖値や中性脂肪、コレステロールなどすべての数値が高くなってしまいます。

ところが青汁を飲んでいた今年は、ヘモグロビンA1cの値が6.5%!昨年の同じ時期は6.9%でしたから、これはやっぱり青汁のおかげだと、そのパワーを再認識しました。

青汁のおかげで、1日3回飲んでいた糖尿病の薬を2回に減らすことができました。

青汁さえ飲み続けていれば、好きなものを食べたり飲んだりしても、もう大丈夫。

本当に助かっています。

効果・効能に個人差はあると思いますが、参考になさってください。

サプリ専門ライター